【某有名私立大学ヤリサーの実態】第3話「ヤリ合宿初日は海で生ハメ」あらすじ ネタバレ

Pocket

【某有名私立大学ヤリサーの実態】第3話 「ヤり合宿初日は海で生ハメ」のあらすじを紹介します。

ネタバレ気味の記事なんで、お嫌な方は、今すぐコチラから本編をご覧ください。

第3話 あらすじ・ネタバレ

美春が女子大生になって、初めての夏休みを迎えようとしていた。

最近大学のサークルの用事が忙しいとのことで、ここしばらく会っていなかった美春と久しぶりに待ち合わせた悠人。

模試の点数も上がってきたし、息抜きを兼ねて週末にどこかへ遊びに行こうと美春を誘いますが、サークルの合宿と重なるからと言って、断わられてしまう。

「それじゃ、合宿から戻ってきたら…」と言う悠人に

「うん・・・ そうだね・・・」

と、なんだか気のない返事をする美春だった。

【某有名私立大学ヤリサーの実態】12

そして、週末のサークル合宿の初日、海に集まるサークルメンバー達。

海で遊ぶサークルメンバーもいれば、思い思いの相手と2人だけで消えていくメンバーもいる。

そんな中、美春も郷山の選んだ超エロいマイクロビキニを着させられて、人気のない浜辺へと連れ出される。

郷山に命じられるがまま、エッチなポーズさせられ、恥ずかしさで頬を赤らめる美春をセクシーな顔を堪能した郷山は、今度は、ビキニを脱いで素っ裸になって、オナニーするように命じます。

突き刺さるような郷山の熱い視線を感じて身体を火照らせる美春。

そんなエロい美春のオナニーを見て興奮した郷山も、水着を脱いでいきり勃った肉棒を美春の目の前につきだして、自らしごき始める。

『そろそろ出すぜ・・・ 口開けろ!!』

勢いよく射精する郷山のザーメンを口内で受け止めると同時に、美春もまた潮を吹き絶頂に達する。

しかし射精したばかりの郷山の性欲も、イったばかりのはずの美春の疼きも全くおさまる気配はなく、

美春に四つん這いになるよう命じた郷山は、バックから美春のアソコの奥深くまで一気に生チンポを突き挿す!!

この模様は本編で確認してくださいね♪

↓↓海辺で青姦!↓↓

【某有名私立大学ヤリサーの実態】11▲画像をタップしてぇー!▲

スポンサーリンク
最近のコメント