【某有名私立大学ヤリサーの実態】第5話 「そしてヤリサーに入った彼女は… 」あらすじ ネタバレあり

Pocket

【某有名私立大学ヤリサーの実態】第5話 「そしてヤリサーに入った彼女は… 」のあらすじを紹介します。

ネタバレ気味の記事なんで、お嫌な方は、今すぐコチラから本編をご覧ください。

第5話 あらすじ・ネタバレ

夏のヤリサー合宿の最終日。

伝統のイベント「ヤリヤリメリーゴーランド」の盛り上がりは、最高潮を迎えようとしていました。

一応、このヤリサーでは、普段は、必ずコンドームを付けるってルールがあるみたいですが、合宿中に限っては生・中出しOKになるらしいです。(なんじゃそりゃァ…(^.^;)

次々と複数の男女がまぐわい、イヤラシイ臭いと熱気でむせ返る合宿所の一室…

やがて、アソコから大量のザーメンと愛液を垂れ流す美春の前に、郷山がやって来て、他の女子部員の愛液まみれのイチモツをねじ込みます。

喜び喘ぐ美春…、美春のカラダは、もうすでに、郷山の極太チンポ無しではいられないようになっていました。

しかし、激しく腰を振りながら、郷山の非情な言葉、

「新しい女子メンバー探すから次から、お前は、もうサークルに来なくてもいい」

と…

「おねがい・・・ 捨てないでぇ・・・ 貴方に捨てられたら・・・ わたし・・・もう・・・」

泣きながら必死に懇願する美春がそこにいました…

もう、サークルに入る前の、ピュアで清純な美春は、どこにもいなくなっていました。

そして…、「ヤリヤリメリーゴーランド」は、複数の男女の欲望が果てるまで、延々と続くのでした。

ヤリサーの合宿が終わってからの数日後、久しぶりに美春と会った、悠人は、彼女から発する妖艶なフェロモンに圧倒されていました。

美春の色気にドキドキしながらも合宿前に言っていた、どこか遊びに行こうって話を切り出そうとした悠人…

しかし、その話を遮るかのように美春のスマホの呼び出し音が鳴り響きます。

電話が終わった美春は、急用が出来たからもう行かなくてはと、悠人を残して去っていきます。

別れ際に見せた色っぽくて大人っぽい美春の微笑みに、彼女がどこか遠い世界に行ってしまったことを痛感する悠人…

美春の後姿を、黙って見送ることしかできませんでした。

これからの美春と悠人の関係は!?そしてヤリサー幹事長の郷山との関係は!?

衝撃の展開が繰り広げられる結末は本編で!

↓衝撃のラスト今すぐ見る↓

高峰美春

▲美春の笑顔をタップして!▲

スポンサーリンク
最近のコメント